これからベンチマーク調査を実施するにあたって

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > これからベンチマーク調査を実施するにあたって

これからベンチマーク調査を実施するにあたって



ベンチマーク調査を実施するには



ビジネスシーンに於いて、自社の置かれてい]る状況を把握したり、新規事業を立ち上げたり、既存事業の取り組みをレベルアップさせたりするには、ベンチマーク調査を活用するのもおすすめの方法です。
ベンチマーク調査では、自社が参考にしたいテーマを設定し、競合他社や他業種に属する企業に関する情報を収集します。収集した情報をもとに自社と比較、分析することにより、自社が劣っている点、優位性の有る点などが把握できるようになります。
その結果、ライバル会社との熾烈なサバイバルに勝ち残るためにどのような戦略を採るべきかのヒントを得られるでしょう。

ベンチマーク調査を行なうにあたっては、まず対象となる企業を選定する必要があります。対象先は国内企業、海外企業のいずれも選択することが可能です。なお、具体的な調査方法としては、ウェブを活用する、ヒアリングを実施するなど、さまざまな方法があります。こちらは、調査を行う目的や予算によって、適切な調査方法を選択することが可能です。
ベンチマーク調査は様々なテーマを設定し、実施することが可能です。例えば、CSRや環境コミュニケーションに関する詳細な取り組み状況、実施体制といったテーマでも対応可能です。


熾烈なサバイバルに勝ち残るためのヒントを得るには



現代のビジネス社会では、競合関係にある企業同士の熾烈なサバイバルが繰り広げられています。そのような状況の中で、ライバルとの差別化を実現し、競争に勝ち残るための力を得るためには、ベンチマーク調査の活用も検討すると良いでしょう。
自社と境遇の似通った企業の成功事例や、競合他社の動向を把握することで、サバイバルの勝者となるためのヒントを得ることが可能です。

ベンチマーク調査では業務内容の改善、収益性の改善、顧客満足度の改善など既存事業の改善に大いに役立ちます。例えば収益性の改善をテーマとした場合、競合企業のコストに関する情報を収集し、自社の相違点を把握することにより、収益性改善のためのヒントを見つけ出すことができます。また、新規事業を立ち上げる場合、先行している企業の情報を収集し、自社の事業展開にあたって参考にするといったことも可能です。
このようにベンチマーク調査は、様々な活用が可能であり、企業がサバイバルに勝ち抜くための手助けとなるでしょう。


ベンチマーク調査を依頼する会社を選ぶ方法



ベンチマーク調査を依頼するにあたっては、利用する業者の選定方法もチェックポイントになります。例えば、過去に同じようなテーマの実績がある、同じような業界を対象に調査を行った実績がある企業は品質の高い調査を行ってもらえる可能性が高く、利用価値は高いでしょう。
また、業界によっては市場変化が激しいものも少なくありません。そのような状況の中では、市場動向に乗り遅れることなく、業界トレンドをよく把握している業者を選定することも大切です。

また、有益な情報を入手するためには、ノウハウが必要になります。そういったノウハウを有する専門性の高い業者を選定することも重要といえるでしょう。
まずは、調査テーマやベンチマークを行う企業を検討し、専門業者に問い合わせてみましょう。業者から目的に応じた調査方法、費用や期間が提示されるので、それをもとに検討してみましょう。
ベンチマーク調査は他の調査サービスと比べ、より専門性が必要となるため、前述した内容を考慮しながら、委託業者を選定しましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 競合他社の調査をしよう
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査会社への依頼や選び方について
5位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S