専門業者を活用してアンケート調査を実施しよう

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 専門業者を活用してアンケート調査を実施しよう

専門業者を活用してアンケート調査を実施しよう



企業活動を左右する情報収集


企業にとって情報を収集するということは、時代の変化に対応しながら事業を運営していく上で大きな意味を持っています。
情報は生き物であり、常に最新なものを捉えなければいけません。
情報は、収集した時点から陳腐化していく特徴があります。
すなわち、常に最新の情報を収集することは企業が正しい意思決定を行うために非常に重要なことといえます。

また、近年はインターネットを始めとした情報化社会だからこそ、さまざまな出所から、さまざまな情報を収集することができます。
しかしながら、それぞれの企業にとって、本当に価値のある情報を収集・選択することは簡単ではありません。
例えばユーザーに関わる情報を収集したい場合、どのような方法があるでしょうか。

代表的な調査方法の1つとして挙げられるのが、アンケート調査です。
アンケート調査はあらかじめ用意された質問を多数の人に答えてもらい、その結果を分析することにより、有益な情報を収集する手法です。
アンケート調査を行う際にまず重要なのが、どのような層から回答を得るかです。

例えば、ベビー用品のニーズ調査をするのに、子どものいない学生や60代以上のシニア層が対象者に多く含まれていても、適切な意思決定ができないことは明らかです。
また、アンケートの回答数が多ければ多いほど信頼性の高い情報となりますが、その分コストも高くなります。

どのような分析を想定しているのか?どの程度、誤差率を許容するのか?など、予算とのバランスを考慮しながら適切なサンプルサイズを決定することも重要です。

例えば、予算がないため、100人を対象としたアンケートを実施したが、性年代別で男性20代、女性20代~男性60代以上、女性60代まで性年代別の傾向を分析したいとしても有効な結果は得られません。

仮に性年代別で均等にサンプルが分布していたとしても、男性20代のサンプル数は10サンプルとなり、誤差率が大きく、その結果に対する信頼性はないに等しく、アンケート結果を元に意思決定することはかなり危険であるといえます。

また、質問項目の設計が非常に重要です。
アンケート調査は質問しなければ回答・分析はできません。どのような仮説を持ち、どのような分析をするかを想定し、どのような流れで質問するのか?などある程度のノウハウが必要とされます。

調査項目の設計が、アンケートの成否の大部分を占めるといえます。このように、企業がアンケート調査を活用して何らかの意思決定の参考情報とする場合、どのような対象者に対して、どのような質問をするかがとても重要です。
一見、簡単そうに見えますが、それぞれノウハウがあるため、アンケート調査に精通した方に相談とよいでしょう。

専門業者を活用しよう


アンケート調査は、集計・レポーティング部分のみを外部の方に依頼する、アンケートの実査部分(実施・回収)のみを依頼するなど、企業担当者の業務負荷を軽減することを目的として外部企業を活用する方法もあります。

それはそれでとても有効な活用方法です。一方で、対象者をどのような層にするか、サンプル数をどの程度に設定するか、調査項目をどのように設計するか、など結果の集計・分析を行う前段階のフェーズでその調査の成否が大きく決定されるといっても過言ではございません。

仮に、アンケート調査にあまり精通していない場合は、より有効な調査にするためにも、初期段階から、アンケート調査に詳しい方、もしくは専門の調査会社に相談するとよいでしょう。

インターネットアンケート調査について


アンケート調査をおこなっている専門業者は、様々なところからアンケート調査を受託しています。
一般的な事業会社の他、広告会社やPR会社、コンサルタント会社、国や地方自治体などからも案件を受託し、アンケート調査を実施しています。
また、昨今ではインターネットを活用してアンケート調査をおこなうケースが増えています。

インターネットアンケート調査は、モニターに登録している人からインターネット上のアンケートに回答してもらうもので、回答者には調査協力の謝礼としてポイントなどを付与する仕組みです。

回答者がポイント目当てで適当に解答しがち、最近はPCでインターネットに接続する人の数が減っており(スマートフォンが大半)、PCで回答するモニターは一般的な意見とは言いにくいなどの弊害も一部で指摘されつつあります。

スマートフォンではアンケートの見せ方、回答のしやすさ等もあり、PCよりも質問設計に制限がかかるケースが多いです。

とは言え、インターネットアンケート調査は、紙によるアンケート調査と比べて、コスト、スピードで圧倒的に優れていることから、現在のアンケート調査における最もスタンダードな調査方法といえます。

アンケート調査、さらにはインターネットアンケート調査を専業としている調査会社は多くあります。専門の調査会社といってもそれぞれ異なりますので、複数の会社に相談してみるのがよいでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 競合他社の調査をしよう
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査会社への依頼や選び方について
5位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S