海外調査の必要性や注意点について

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 海外調査の必要性や注意点について

海外調査の必要性や注意点について



海外調査を活用しよう


国内で市場調査を行い、有益な情報を取得し、事業運営に役立てている企業は多く存在します。
この市場調査は、国内に限らず海外で実施することも可能です。
例えば海外進出を検討されている方もいるかもしれませんが、その際は日本での調査と同様に、海外調査を実施することをお奨めします。

中には海外に進出すると決めたらすぐに現地でビジネスを開始する企業もいますが、現地の状況をリサーチせずにビジネスを開始すると失敗をする可能性が高くなります。
このため、まずは海外調査によって必要な情報を収集し、海外進出に向けた参考にしましょう。
次に一般消費者向けにビジネスを行っている企業が、海外調査を行う際の活用目的を紹介します。

まず1つ目は、現地の消費者のニーズ把握が挙げられます。
例えば何もリサーチを行わず現地に進出をし、売れるであろうと思っていた商品が現地ではまったくニーズがなく売れないといったケースも少なくありません。
現地の消費者のニーズは、国ごと、またその国のエリアごとでも異なってきます。海外でのビジネスを成功に結び付けるためにも、
事前に海外調査を行い、現地の消費者のニーズを把握しておくことは非常に重要なことでしょう。

続いて2つ目は、商品をどのくらいの価格で販売すべきか把握することもできます。
例えば日本では1,000円で売れる商品だとしても、海外では100円にしても売れない可能性もあります。
それぞれ国によって商品に掛けることができる費用も異なってくるため、まずは進出する前にどのくらいの金額なら消費者に購入してもらえるのか調査を行い把握していた方が良いでしょう。
事前に調査を行うことで、価格面で消費者にまったく受けいれてもらえないという失敗は避けることができるでしょう。

続いて3つ目は、ライバル企業やマーケット規模の把握です。海外進出をする際には、国内と同様マーケットの規模がどのくらいでライバルとなりそうな企業がどのくらい存在しているのかといった情報を収集することは重要です。
これらの情報を収集することにより、マーケットの成熟度合いやポテンシャルなどが把握でき、本当にその国のマーケットに参入すべきか判断できるでしょう。

この他にも、海外調査を行うことで把握できる内容はたくさんあります。
海外のマーケットに興味がある方、すでに海外でビジネスを行っている企業は海外調査を積極的に活用して、ビジネスを成功に導きましょう。

海外調査を行う時の注意点について


海外進出している企業の中には、海外調査を行ったことで大きく売上高の拡大を図ることに成功しているところも少なくありません。
それほど海外調査は重要なものですが、海外調査を成功させるのはたやすいことではありません。
ここでは海外調査を行う上での注意点を紹介します。

まず1つ目の注意点は、費用や納期の問題です。
当然のことながら、海外の情報を取得するためには国内で調査を行う場合と比べて費用や期間は多く掛かってしまいます。
このため、調査にどのくらい費用や期間を掛けるのか十分に検討した上で実施しないと、満足できる結果が得られないかもしれません。

2つ目の注意点としては、統計データの整備度合いの違いです。
日本のように統計情報がきれいに整理され、かつ正確な国は世界でもまれであり、多くの国では統計の情報が正確ではない、そもそも統計情報がないといったケースが散見されます。
このため、市場調査を行うための基礎情報の取得に時間が掛かることが想定されますし、精緻なデータの取得には苦労するでしょう。

3つ目の注意点は、商習慣や国民性の違いなどです。
日本と同じような認識で調査を行っても、現地人の独特の商習慣によってまったく有効な情報を取得できない可能性もあります。
このため、現地の事情に精通した担当者が調査を行うことを検討した方が良いでしょう。
海外調査を成功させるためには、このような注意点に留意しながら、設計を行うことにより、失敗のリスクを軽減できるでしょう。

調査会社の選び方の大切さ


海外調査を行う際、どこの調査会社に依頼をしても同じだと思っている方もいます。
しかし、それぞれ調査内容もサービスも違うので慎重に選ばなくてはなりません。
ここではこれから依頼をしようとしている方のためにも選び方のポイントを紹介します。
まずチェックしたいのがこちらの要望に対する対応力です。
国内調査と異なり、海外調査では顧客の要望にきめ細やかに対応できる企業は少ないのが実情です。

中には精度の低い調査結果だけを持ってくるところもあったりします。
企業がどのくらいの調査を求めるかによっても異なりますが、失敗したくないであれば、金額や期間だけではなく顧客の要望に丁寧に対応してもらえる調査会社を選択した方が良いでしょう。
まずは、どのくらいこちらの要望に対応してもらえるのか相談してみましょう。
相談は調査会社によっては無料で行っているところもあるので、まずは気軽に問い合わせしてみましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 競合他社の調査をしよう
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査会社への依頼や選び方について
5位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S