自社製品の認知度を調べるには

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 自社製品の認知度を調べるには

自社製品の認知度を調べるには

自社製品がどのように認知されているのか


自社製品やサービスを展開しているならば、それらの売上高の拡大について絶えず取り組んでいるでしょう。
それではどうすれば売上高を伸ばすことができるのでしょうか。

方法の一つとしては、広告を打ち、製品やサービスの認知度を向上させることです。
しかし、効果のある広告活動を行うためには、ターゲット層に対してどのような広告手法を選択するべきなのかよく検討しなければいけません。

また、実施した広告活動の効果をしっかりと検証して、問題があれば改善していくことが必要となります。
また、自社の製品やサービスについてしっかりとブランディングをすることも大切でしょう。
そうすることによって、他社と差別化を図ることができ、付加価値を高めることが可能となります。
その際には他社のブランドのコンセプトを調べたり、ブランド力を把握することも必要となるでしょう。

このように自社製品やサービスをより成功させたいならば、広告活動やブランディングによって認知度の評価を高めることは大切です。
また、現時点の認知度の把握も必要となるでしょう。

例えば自社の製品についてどのくらいの認知度があるのか、同時にどのくらいのブランド力を有しているのか、把握することは重要でしょう。

もし、調査を実施すれば好感度や特定のキーワードを想起した際の認知度に関する情報や、製品やサービス購入経験の有無、製品・サービスにおけるブランド力に関する情報などを把握することが可能となります。

さらにこれらの情報からブランドポジションの把握も可能です。
このように評価に関する情報収集を行うことにより、自社製品やサービスの認知度などの改善に向けた広告戦略の立案、新商品の開発などに活かすことができるようになり、最終的には売上高の拡大に繋げることができるでしょう。


認知度の調査方法について


自社製品やサービスの認知度を把握するため、実際にどのような方法で調査ができるのでしょうか。
基本的にはアンケート調査が実施されることが多いでしょう。
アンケート調査をする際には調査の対象者やサンプル数、比較する競合企業の製品やサービスを定め、質問項目を設定します。

なお、アンケートの実施方法は郵送調査や、インターネットアンケート調査などがあり、目的や予算、必要なサンプル数などを考慮して決定します。
アンケート調査の特徴としては、全体の傾向を把握できる点です。
質問ごとに複数の選択肢が用意されていて、それぞれに何名が回答したのかを集計し、これによって全体の傾向を把握することが可能です。

一般的な集計方法としては、クロス集計が挙げられます。
これは、性別や年代別、あるいは商品購入の頻度別など複数の質問項目を掛けあわせて集計するというやり方です。

また、集計結果の分析は重回帰分析やクラスター分析、コンジョイント分析など様々な手法が用いられます。
アンケート調査で得られたデータから価値のある情報を見出すため、多様な分析方法が存在しているのです。

このようにアンケート調査は、設計から回収、分析までそれぞれノウハウが必要となるため、トータルでノウハウを有しているマーケティングリサーチ会社に調査委託をする方が質の高い情報収集が可能となるでしょう。


調査結果の活用法


実際に自社製品やサービスの認知度を把握した場合、それをいかに活用するかが重要です。
まず、新規事業の戦略策定にあたり参考にすることが可能です。
これから新製品やサービスの開発する際には、どのようなコンセプトを目指すべきなのかを考えることが大切です。
他社の製品やサービスのブランドポジションを参考にしながら、自社のブランドならではのコンセプトを立てるため、これらの調査結果を役立てましょう。

また、広告戦略や開発戦略が上手くいっていない場合にも、これらの調査は役立ちます。
例えば自社製品がどのようなイメージを持たれているのか、どんな経路によって製品を認識したのかといった情報の把握が可能です。

この他にもブランドコンセプトが認知されているのか、適切なターゲット層にアピールできているのかといった点も把握可能です。
調査によって製品やサービスにおける認知度の現状を把握した上で、具体的にどのように製品やサービスを改善していけば良いのか、どのような広告が有効なのか検討できるようになるでしょう。

ただ漠然と製品やサービスの広告や開発を行っていたのでは、多くの人を惹きつけるようなものを実現することはできません。
マーケティングリサーチ会社を活用し、調査で得られた情報を活用しながら、戦略の見直し、有効な戦略の立案を行い売上高の拡大に繋げていきましょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査会社への依頼や選び方について
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い
5位 市場調査の豆知識や相場について

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S