課題解決に役立つマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチコンシェルジュTOP > コラム > 課題解決に役立つマーケティングリサーチ

課題解決に役立つマーケティングリサーチ

マーケティングリサーチの重要性



マーケティングリサーチは現状を認識し、今後を占うためにも非常に重要なものです。
企業は事業を維持・拡大をしていく上で常にさまざまな問題や課題を抱えているものですが、それらの解決していくためには、マーケティングリサーチによって自社を取り巻く現状を認識し、今後の見通しを予測しながら、事業運営を行っていくことが必要な要素といえるでしょう。

また、マーケティングリサーチによって得られた情報を分析、解析をすることによって、新たな事実の発見できる可能性もあり、そうした情報は新規の戦略を立てる上の助けになるかもしれません。

マーケティングリサーチは各企業が課題と感じているテーマにより、様々な活用が可能です。
例えば自社の製品・サービスの売上高が伸び悩んでいる企業の場合、先行企業に関する販売戦略や開発戦略に関する情報を収集することにより、自社の問題点の把握、また問題点の解決方法の示唆が得られるかもしれません。

また、海外の販売拡大が課題となっている企業であれば、現地の市場環境に関する情報や競合企業の取り組み、販路開拓にとって重要なプレーヤーに関する情報等を収集することにより、課題解決に向けた施策の検討に役立てることができるでしょう。

情報やデータに参考にして事業活動を行うことは、重要なことです。
漠然と活動を行っているだけでは、事業を伸ばしていくことはできません。
そのため、多くの企業がマーケティングリサーチを行っているのです。

現在、マーケティングリサーチを行っていない企業は、さっそく取り入れてみるのがよいでしょう。
課題解決に向けた今後の事業の方針を的確に定める助けとなり、事業の拡大・改善に役立つでしょう。


マーケティングリサーチの様々な種類



そもそも、マーケティングリサーチにはどのようなものがあり、どのようなことが把握できるのでしょうか。

例えば、一般的な市場調査であれば、対象とする製品やサービスの市場規模や市場動向を把握することができます。
これらの情報は、今後の事業運営の方針を立てる際の参考になるでしょう。

この他には、製品の購入層から購入している製品や購入したい製品に関する情報を収集するニーズ調査、先行企業の事業実態に関する情報を収集するベンチマーク調査、顧客から自社の製品・サービスの満足度に関する情報を収集する顧客満足度調査、海外市場に関する情報を収集する海外調査など、マーケティングリサーチには様々な種類があります。
自社の課題を解決するにはどのような情報が必要か検討した上で、必要な調査を実施しましょう。

調査方法は目的に応じて異なってきますが、概ね定性調査や定量調査に分類されます。
定性調査は、コメントや行動といった数字では表せない“質的”な情報を収集する手法です。
分かりやすいのはヒアリング調査です。これは複数のキーマンからヒアリングによって情報を集めるというものです。
ヒアリングベースでの情報となるため、臨場感のある情報の収集が期待でき、調査を依頼している側が想定していない情報を入手できる可能性もあります。

一方、定量調査は人数や割合など数値や量で表すことができる情報を集計、分析することにより、価値のある情報を見出す調査手法です。
一般的なのは、アンケート調査です。目的に応じてサンプル数や項目などを設定し、回答用紙に記入またはWEB上で回答してもらい、その結果を集計、分析するといったものです。
数値で情報を把握できるため、非常に明快でしょう。

もし、調査を実施する場合は、ノウハウを有しているリサーチ会社に業務委託するのをおすすめします。
これらの業務を専門に行っている企業は、社内で調査を行うよりも質や精度の高い情報を収集できる可能性が高いからです。
なお、リサーチ業務を行う企業は多く存在するので、その企業のHPも参照しながら気軽に問い合わせをしてみることをおすすめします。


マーケティングリサーチの役立て方



実際にマーケティングリサーチをして情報収集を行うことで、企業は課題に対してさまざまな対策が可能となります。
では得られた情報やデータは、どのように役立てることができるのでしょうか。
例えば新規事業の戦略を策定する際に役立てることができます。

どのような製品やサービスを開発するべきか、新規参入を検討している市場の有望性はどの程度か、どのようなメーカーが既に参入しており、販売先はどこなのかなど、マーケティングリサーチで得られた情報は事業戦略を立てる上でとても役に立つでしょう。

この他にも、業績が伸び悩んでいる原因を明らかにしたい際にも活用可能ですし、新たな販売先候補を探すといったケースにも活用できます。

マーケティングリサーチによって把握できる情報は、実にさまざまです。
マーケティングリサーチを適宜実施し、適切な戦略を立てることができれば事業運営も安泰でしょう。
今後も事業を拡大していきたいならば、マーケティングリサーチにはより力を入れるべきでしょう。

次の記事へ



▼よく読まれている記事
1位 市場調査会社への依頼や選び方について
2位 需要動向調査による分析と得られる大きなメリット
3位 競合他社調査によって情報を活用する
4位 市場調査とマーケティングリサーチの豆知識や違い
5位 市場調査の豆知識や相場について

市場調査ならマーケティングリサーチコンシェルジュTOP


マーケティングリサーチに関する
あらゆるニーズ・課題に対応可能!

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

マーケティングリサーチ
に関するあらゆる
ニーズ・課題に対応可能!

リサーチコンサルタントに問合せる

ご相談はお電話でも承っています

(リサーチコンサルタント直通)

目的別!マーケティングリサーチでできること

S